<< 【新・関西笑談】火を噴くアーティスト(2)現代美術作家 ヤノベケンジさん(産経新聞) | main | 秋葉原事件初公判、検察側「無視した者への復讐」(読売新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


自己判断で2割がタミフル服用中止(産経新聞)

 インフルエンザ治療薬のタミフルを処方された人のうち、5日分すべてを飲みきらず、自己判断で服薬を中止していた人が5人に1人いたことが、健康日本21推進フォーラム(中央区)の調査で分かった。

 調査は昨年12月、過去1年間に新型や季節性のインフルエンザにかかったことがある20〜60代の男女500人を対象にインターネットで実施した。

 インフルエンザと診断されてタミフルを処方された場合、たとえ症状が緩和されても十分な治療効果を上げ、周囲への感染の広がりを防ぐには、処方された5日分をすべて飲みきる必要がある。

 しかし調査では、5日間、飲み続ける必要性を知らなかった人が3割おり、自己判断で服薬を中止した人も2割いた。

 飲み残した理由としては「症状が改善されたから」が最も多く、「副作用が出た、副作用が心配だったから」「飲み忘れた、面倒になったから」が続いた。また飲み残した人の約半数が「副作用で異常行動を起こすのではないか」と心配しており、異常行動への懸念が飲み残しの原因にもつながっていることを示した。

 一方で、飲み残した人のうち、服薬方法について医師から説明を受けた人が7割、薬剤師から説明を受けた人は4割にとどまった。

 中原英臣・同フォーラム理事は「タミフルの薬価は309円で、1日分2カプセルで618円。医療機関にストックされている在庫に加え、新たに生産・供給された分がすべて処方されたと仮定すると、5人に1人にあたる240万人が1日分を飲み残したとして、約15億円が医療費の無駄が出た計算になる」としたうえで、「正しい用法を守るよう服薬指導の充実が必要」と指摘している。

【関連記事】
【インフル講座】タミフル耐性とは?
タミフルに耐性もつ新型インフルウイルス 和歌山県内で初確認
新型インフル ネットで発生状況告知 神戸市がシステム構築
上手な薬の飲ませ方 食べ物に混ぜたり、スポイトも利用
新型インフル 韓国の死亡女児からタミフル耐性の変異ウイルス

<マンション協力金>不在所有者の負担認める 最高裁判決(毎日新聞)
橋下知事「国防は国が判断するべき問題」(産経新聞)
介護報酬の増額検討=12年度改定で−長妻厚労相(時事通信)
毎日新聞世論調査 小沢氏「辞任を」76%内閣支持50%(毎日新聞)
検察審査会初の判断、検察起訴に大きな一石 明石歩道橋事故(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • 10:03
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
無料携帯ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
債務整理 無料相談
モバイル ホームページ
ショッピング枠現金化
2ショットチャット
クレジットカード現金化
審査 甘い キャッシング
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM